S

SERVICE

Service
  • 釣り桟橋
    Content 01

    釣り桟橋

    揚油桟橋を改修し、全長では日本最大級となる釣り桟橋を検討しています。尾鷲に新たな釣りのフィールドを設けることで、太公望はもちろん、ファミリー、カップルなど、子供から大人まで安心して気軽に楽しむことができる、新たな「賑わいの場」を創出することを目指しています。

  • 運動施設・公園
    Content 02

    運動施設・公園

    施設全体との調和の中で、安全・安心に既存の野球場、テニスコートなどの運動施設を継続的に開放することで、爽やかな汗を、また、キッズパーク、散歩コースなど子供からお年寄りまでのんびりくつろげる市民の「憩いの場」を創出することを目指しています。

  • 教育・体験学習
    Content 03

    教育・体験学習

    第一次産業(陸上養殖・植物工場)はもちろん、開発エリア全体で創出されるあらゆる産業を教育・体験の視点で繋ぐことにより、市内の児童・学生はもちろん、市外からの学生を呼び込む「フィールド教育の場」を創出することを目指しています。

  • アクティビティ
    Content 04

    アクティビティ

    尾鷲の自然を満喫する、子供から大人まで楽しむことができるアクティビティ(ウォーキング・カヤック・サイクリングなど)を核とした「着地型観光の拠点」を創出することを目指しています。

  • 宿泊施設
    Content 05

    宿泊施設

    釣りで、運動施設で、アクティビティで満喫した後は、非日常的な快適空間のグランピングで、また、内装に尾鷲ヒノキを活用した拡張性のあるコンテナハウスで、そして疲れを癒す温浴施設により「癒しの場」を創出することを目指しています。

  • PoC(実証実験)
    Content 06

    PoC(実証実験)

    変わり続ける時代の流れに取り残されることなく、少子高齢化、過疎化の進展が著しい地域に合ったPoC(実証実験)を行うことができる「産業創出の場」を創出することを目指しています。

  • 企業誘致
    Content 07

    企業誘致

    尾鷲市、尾鷲商工会議所、中部電力の3者が協力し、企業にとって魅力ある開発地訴求を実施することで、開発コンセプトに合致した企業誘致を行い、新たな「雇用創出の場」を目指しています。

E

ENERGY

Energy
  • 広域ごみ処理施設
    Content 01

    広域ごみ処理施設

    東紀州5市町の広域ごみ処理施設の整備を検討しています。
    そこから発生する熱を中心としたエネルギーを陸上養殖、植物工場などの一次産業への有効活用を図ることで、新たな産業の創出を目指しています。

  • 木質バイオマス発電
    Content 02

    木質バイオマス発電

    周辺地域の間伐材等を活用し、木質バイオマスを検討するとともに、そこから発生する熱を中心としたエネルギーやCO2などを一次産業および誘致する企業に利用することを目指しています。

  • 木質バイオマス発電
    Content 03

    太陽光発電

    導線的に有効活用が難しいスペースや遊休エリアを活用して太陽光発電施設の設置を検討しています。
    エリア内における誘致企業等へのクリーンで安価な電力供給を目指しています。

A

AQUA/AGRICULTURE

Aqua/Agriculture
  • 陸上養殖
    Content 01

    陸上養殖

    広域ごみ処理施設や木質バイオマス設備などで発生する排熱を活用した屋内型施設による陸上養殖を行います。
    屋内型施設による陸上養殖を検討しています。

  • 植物工場
    Content 02

    植物工場

    広域ごみ処理施設や木質バイオマス設備などで発生する排熱やCO2などを活用した次世代型施設園芸を行う。高付加価値が期待できる農産物の栽培を次世代施設園芸を検討しています。

  • 木質バイオマス発電
    Content 03

    飲食・商業施設

    市民や観光目的で訪れる来訪者まで広く活用される施設および集客交流拠点として、地元企業を中心に誘致・建設することを目指します。また、釣り桟橋やグランピングなどとのシナジー効果を期待し、その場での調理や提供など、レストラン(飲食)の誘致も検討しています。

  • 各施策の画像はイメージ画像です。
  • ※施策は現時点で想定している内容であり今後変更の可能性があります。